仕事選び、なにを見る?

こんにちは、19卒内定者の斎藤です。

先日、かれこれ7年の付き合いになる旧友と会いました。
彼は、とある百貨店に就職を決めたそう。
最初、

華々しい業界だ、しかし斜陽産業でもあるのでは?と感じました。

 

なぜそこに決めたの?と聞きました。
すると彼は、こう答えました。

 

自分は、だれかの人生を彩るような仕事をしたい。

百貨店というのは単に物を売ったり、テナント貸し出しの仕事ではない。

お客さんのライフスタイルをコーディネートする。ある意味、お客さんの人生に花を咲かせる仕事だと思うんだよね。

だから、自分は百貨店を選んだんだ。

 

彼にとって重要なのは、華々しさや知名度ではなく、

「仕事を通じて価値を生み出せること」なのだと気づきました。

 

私にとって重要なこと。

それは、IT世の中を効率化させ、人間のクリエイティブな部分をもっと引き出すこと。

 

 

働く場所や目指すところは違えど、ポリシーを持って働いている仲間がいるというのは素晴らしいことだと感じました。

 

次、社会人になって会うとき、どんな話ができるのか楽しみです。

 
就職について考え始めている20卒の皆さんも、会社が何をやっているかだけでなく、
自分がどう社会に貢献したいかという観点で考えると、本当にやりたい仕事が見つかるかもしれませんね。

 

ではまた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中